村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

3種類の断熱材

2019/05/29建築現場日記 未分類


断熱材とは?

“屋外と屋内の熱影響を低減させるためのクッション”

基礎、外壁、屋根など、外気にさらされる面で活躍しています

弊社では、確保できるスペースや、素材の特徴を考慮し、3種類の断熱材を使い分けることで寒暖差の少ない、住みやすい住宅を計画しています

弊社が使用する3種類の断熱材の特徴をご紹介させていただきます

アクアフォーム

現場で発泡後、3倍に膨れ上がることにより、より隙間の少ない断熱が可能

  *天井、木造軸組構造の壁、金物周りなど細かな部分

カネライトフォーム

潰れにくく、丈夫なため、下場に敷いた後、周りの施工中に傷がついてしまうことが少ない

  *基礎部分 

フェノバボード

熱伝導率が低いため、厚みが薄くても性能を発揮することが可能  

  *板倉造りの壁 (壁の断熱スペースに限りがあるため)

体への負担、冷暖房機の節約、そして、心地よい暮らしのために…

外観で見えない部分ではありますが、こだわってみてはいかがでしょうか

ページトップへ戻る