村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

まだ間に合います! ゴーヤでつくれる緑のカーテン。

2017/07/04家づくりノウハウ

7月に植えても、8月までに緑のカーテンをつくれます!

 

 

■ゴーヤを苗から育てれば、8月に間に合います

夏の日差し対策はお済みですか?

CO2削減・節電対策として有効な緑のカーテン(グリーンカーテン)をお考えの方は、今からゴーヤを育ててみてはいかがですか?

種ではなく、苗から育てるなら、まだ間に合います。

 

ゴーヤは成長が早いため、買ってきた苗をたっぷりの土(園芸用)に植え、水を毎日たくさん与えてあげれば、1ヶ月ほどで日光を遮れるくらいまで伸びます。

 

■すだれより遮熱効果が高い「緑のカーテン」

緑のカーテンは、日射の熱エネルギーをカットする遮熱効果があります。

その効果は、すだれや高性能の遮熱ガラスよりも高いとされています。

★「涼しさのヒミツ」グリーンカーテンプロジェクト(環境省)

http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/green/secret.html

 

■壁や地面の放射熱を防ぐ

家の壁や、家の近くの地面に直射日光が当たって熱が蓄積されると、そこから放出される熱で家の中が暑くなってしまいます。

緑のカーテンによって、壁や地面への日射をカットすれば、放射熱を防ぐことができます。

 

■さまざまな暑さ対策をご提案

村木建築工房では、さまざまな暑さ対策をご提案しています。

夏の太陽の高さを考慮し、庇(ひさし)や軒(のき)を設計すれば、日射を遮蔽でき、快適さが増します。

日差しをカットして冷房効果を高めるLow-E複層ガラスは標準採用。

ブラインドのように太陽の光を適度に遮断しながら、風の通りを確保できる外付けルーバーも人気です。

 

 

 

◆村木建築工房「ゼロエネルギーハウス」

http://www.muraki-k.jp/index/lineup/zero.html

 

◆村木建築工房ショールーム兼事務所「ギャラリエ」

《住所》浜松市東区豊西町444

《電話番号》053-431-3480

《営業時間》9:00-18:00

 

 

ページトップへ戻る