村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

これからの地球に必要な取り組み「SDGs」って?

2019/07/25村木建築工房とは 村木建築工房の家づくり

村木建築工房では、この程、政府の方針に準じてSDGs(エス・ディー・ジーズ)への取り組みを策定しました!「えっ?そもそも「SDGs」って一体何!?」という方のために簡単にご説明します。

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった言葉で、日本語で「持続可能な開発目標」という意味があります。具体的には、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標のことを示しています。

この目標は、「持続可能な世界」を実現するために、17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰1人として取り残さない(leave no one behind)」ということを誓っています。つまり「個人も法人も人類みんなで地球のことを考えた行動をしよう!」ということなのです。

SDGsは発展途上国だけでなく先進国自体が取り組むべきユニバーサル(普遍的)な目標なので、日本政府もこれから積極的に取り組んでいく方針です。

17のゴール(目標)は下記のような内容となっています。

浜松でSDGsに取り組んでいる工務店はまだわずかですが、未来の浜松や地域の皆様の暮らしを考え、私たちはいち早く行動を起こそうと考えました。政府や企業、浜松の市やまち、そして個人の方々がみんなで取り組めばきっと実現できる!と私たちは期待しています。

その先に広がる平和な世界を思い描きながら、まずは今できることから着実に取り組んでいきたいものですね♪

次回は、村木建築工房におけるSDGsの具体的な取り組みについてご紹介します。

ページトップへ戻る