村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

涼しい秋に、体を温めてくれるカボチャのお料理

2017/10/05家づくりノウハウ

収穫の秋。食欲の秋。

 

ちょっと早めに涼しくなった今年の秋は、体を温めてくれるカボチャのお料理はいかがですか。浜松では、露地早熟栽培の収穫が8月ごろから始まりますが、収穫後に長持ちするため、1年を通して味わえるカボチャ。10月も美味しく楽しめます。食卓に1品、加えてみてください。 

 

 

■ビタミンEが血行を促進

カボチャは体を温め、胃腸の働きを高めてくれます。豊富に含まれるビタミンEが血行を促進するからです。血の巡りがよくなるため、冷え性や肩こりにも効くと言われます。茹でたカボチャ約150gで、1日分のビタミンEが摂れます。

 

■粘膜を強くしてくれるカロテン

カボチャに含まれるとしてよく知られるカロテンは、お肌や粘膜を強くしてくれます。体の抵抗力が高まるため、これから始まる風邪の季節に心強いですね。

カロテンは皮に多く含まれています。できるだけ皮ごと食べましょう。

 

■お子さんも喜ぶカボチャサラダ

レンジで加熱したカボチャに、同じくレンジ加熱した薄切り玉ねぎとマヨネーズを加えて和えるだけ。塩・胡椒で味を整えれば、やさしい甘みのカボチャサラダのできあがりです。

 

■クリームチーズもよく合います

村木建築工房スタッフのオススメは、無農薬栽培のピーナッツかぼちゃに、マユネーズではなくクリームチーズを和えるスタイル。好みでレーズンを入れてもいいですね。

このカボチャサラダには、サラダ油、塩、酢、黒胡椒、砂糖でつくるフレンチドレッシングがよく合います。

油と一緒にカボチャを食べると、カロテンの吸収率が高まるうれしい効果も。

また、黒胡椒などのスパイスは、カボチャが体を温めるチカラを助けてくれます。

 

 

 

★3つのLDK(リビング・ダイニング・キッチン)を一度に体感できるショールーム「ギャラリエ」

http://www.muraki-k.jp/index/showroom.html

 

 

ページトップへ戻る