村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

暑さ対策

2019/08/03季節のアイデア

梅雨が明けて本格的な夏がやってきました。

地球温暖化により年々熱くなっていくと感じる夏、なるべく快適に過ごしたいですね。

そこで、夏バテ防止の予防策をまとめてみました。

①睡眠をとること

睡眠の効果は知られている所だと思いますが、代表的なことは、疲労回復、トラブル肌の改善、ストレス改善、肥満防止など。どれもとても大切です。

深い眠りは、就寝状況にも左右されますので、お勧めの環境を正しく知ることも大切です。 例えば、室内の温度を約27度、湿度を50-60%に保つこと。2時間ほどでスイッチが切れるようにタイマーを設定し、朝までかけ続けないことが大切です。扇風機を使う場合も、風が体に当たらないようにしてください。

②水分をしっかり補給すること

日々のこまめな水分補給が大切です。

その時に気を付けたい事は、アルコールやカフェインを多く含む飲み物では、利尿作用が働き、摂取した量以上に水分を排出してしまうことがあります。

またジュースなど、糖質が多いものにも要注意。肥満の原因になってしまいますので、飲みすぎには気を付けてください。

たくさん汗をかいたときは、経口補水液などを利用することもお勧めです。


運動していなくても、1日1200mlの水分が失われます。1日に取る水分の目安は、1500ml以上。

寝ている間にも大量の水分が排出されているので、起きた時に水を飲む習慣をつけるといいです。

③栄養バランスの良い食事をとること

♫ 豚肉
豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は不足してしまうと糖質をエネルギーに変えることができず、疲労や倦怠感につながってしまいます。

♫ 納豆
大豆はビタミンB1を含み、カリウムが豊富です。カルシウムやマグネシウムは、汗と一緒に流れてしまうミネラルも補うことができるので、熱中症予防におすすめです。

♫ モロヘイヤ
モロヘイヤにはカリウムが豊富に含まれていて、カルシウムや鉄といったミネラルや、造血のビタミン葉酸もトップクラスの含有量を誇っています。カリウムが不足すると、脱力感や食欲不振を引き起こしてしまうのでしっかり補いましょう。

④軽い運動をして発汗能力を上げること

有酸素運動がお勧めです。ジョギングやウォーキングなど、話が出来て、軽く汗ばむ程度の軽い運動をしましょう。

その他にも、風鈴の音を聞いて涼んだり、駐車場に打ち水をしたり・・・快適に過ごせる対策をまめにして、これから続いていく暑い夏を、健康的に乗り越えましょう。



ページトップへ戻る