村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

村木建築工房の”SDGs”への取り組み②

2019/08/08村木建築工房とは 村木建築工房の家づくり

前回に引き続き、村木建築工房が「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」に基づいたどんな取り組みをしているか(していくか)をお話したいと思います^^

前回のブログはこちら

⑫つくる責任 つかう責任 / ⑪住み続けられるまちづくりを

「認定長期優良住宅」を標準仕様とし、責任ある家づくりを行っています。

家をつくる側の責任として、国の認定を得た「長期優良住宅」を標準仕様とし、安心・安全な住まいをご提供しています。

長期優良住宅は、

・長期に使用するための構造及び設備を有している

・居住環境等への配慮を行っている

・一定面積以上の住戸面積を有する

・維持保全の期間と方法を定めている

といった条件が備わっているため、長期に渡り良好な状態で住み続けることができます。私たちは、長期優良住宅の家づくりを手がけることで、地域の皆様が浜松のまちで快適に住み続けることのできる環境づくりに貢献します。

⑮陸の豊かさも守ろう / ⑥安全な水とトイレを世界中に / ⑭海の豊かさを守ろう

「地産地消」の家づくりに取り組み、森をゆたかに。

村木建築工房では、地元・天竜材を用いた「地産地消の家づくり」に取り組み、地域の森の維持保全に貢献しています。

日本三大人工美林のひとつでもある天竜の山を守ることは、地元で家を建てるお客様にとっても様々な恩恵があります。

地元から木を伐り出せば運搬費用も安くてすみ、Co2の排出量を極力抑えることができます。

また、定期的に木を伐り出して使うことで山が廃れずに済み、山崩れなどの災害も防いで、山林の環境を保持することもできます。

さらに、私たちは「FSC®森林認証」を取得した材を用いた家づくりにも取り組んでいます。

浜松市では、現在42,174haの森林が認証を受けています。私たちは「FSC®COCグループ認証」を取得した「まるたの会」に参加しているため、FSC森林認証材を使用した家造りが可能です。

森の環境保全を実現することで、川の水もきれいになり、ひいてはその川の水が注ぎこむ海も美しく保つことができます。

⑧働きがいも 経済成長も / ⑤ジェンダー平等を実現しよう / ⑩人や国の不平等をなくそう / ⑰パートナーシップで目標を達成しよう

誰もが生き生きと働ける職場づくりを推進します。

昔は「建築は男の仕事」と云われていましたが、村木建築工房では現場監督や広報スタッフなど、さまざまな部門で女性の正社員が活躍しています。

今後も、男女が平等で働きやすい職場体制をベースに社員が日々スキルアップを図り、やりがいをもって生き生きと働ける職場環境づくりを目指します。また、福利厚生の充実や、女性が産休・育休等の各種制度を利用しやすい雰囲気づくりを心がけ、健康経営にも積極的に取り組みます。

さらに、各業者の皆様との連携も強化し、共によりよい家づくりに向けて技術の向上を図ることで、地域の経済成長に貢献します。

私たちは常にこれらを心に置いて、みなさまのために良い家を建て続けていきたいと考えています!

ページトップへ戻る