メニューを開く

村木建築工房村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

木造建築で使われる単位

2021/10/12建築現場日記

寸・尺・坪

みなさん、これらの言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

寸、尺、坪は、木造建築の世界で使われる単位で、

大工さんたちや図面を作成するCADさんたちは、mやcmなどではなく、

これらの単位を使いながら、お仕事をしています!

先日、この単位のプチ知識を教えてもらったので、ご紹介しますね!

大工さん、CADさんも3尺ピッチで長さを図っています。

こちらの写真は、大工さんが使っているメジャーです。

家のマークに30と書かれています。この長さが、3尺、そして、

下の段の91のところに赤い丸がついています。

これは、910mmをさしています。つまり、3尺は約910mmです。

柱なども3尺ピッチで測られ、

CADの1つのグリットの大きさも3尺で組み込まれています。

ちなみに、畳の1畳は、3尺(910 mm)×6尺(1820mm)、

1坪は、畳が2畳分です!

この建築業界で使われる単位がわかってからは、

テレビ番組などで、豪邸が紹介されている時に、”○○坪の敷地に…”という広さの説明や

土地の単価”1坪いくら”というのも、広さの想像ができる上に、

この地域は、こんなに土地が高いのか!など、より、番組を楽しめるようになりました。

建築の知識もいろいろなところに役立つかもしれないですね。

ページトップへ戻る