メニューを開く

村木建築工房村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

ガラス、ひさし、よしず。効果的な“遮熱”とは~浜松の木造新築注文住宅 村木建築工房~

2016/08/18村木建築工房の家づくり

夏の暑さ・日差し対策、どうしていますか?

外は本格的な夏でも、家の中では快適に過ごしたいもの。今回は、村木建築工房がオススメする暑さ対策をご紹介します。

 

窓やドアなどの開口部から室内へ入ってくる熱への対策は、とても重要です。冷房中の家全体に入ってくる熱のうち、およそ7割が開口部を通ると言われています。

 

村木建築工房がオススメしているLow-E複層ガラスは、特種な金属膜が夏の暑い日差しをカットし、太陽の熱が窓を通って室内に入ることを防ぎます。室内の明るさはそのままに、冷房効果を高めてくれるガラスです。

紫外線も跳ね返すので、肌の日焼けや家具の色あせなどを防ぐことができます。

 

庇(ひさし)で日射を遮断すると、さらに快適さが増します。ブラインドのように太陽の光を適度に遮断しながら、風の通りも確保できる外付けルーバーも人気です。

 

窓の外に設置する「よしず」や「すだれ」は、安価で効果的。葦(あし)でできていて、立てかけるのが「よしず」。竹などが使われていて、吊るすのが「すだれ」です。

ゴーヤや朝顔などでつくるグリーンカーテンに挑戦するお家も多いですね。

 

土地の広さに余裕があれば、西日に強い木を植えるのもいいでしょう。

夏は太陽の光をさえぎり、冬は暖かい日差しが欲しいという場合には、カエデなどの落葉樹がオススメ。

年間を通して西日対策ができ、落葉を片付ける手間がない常緑樹では、オリーブなども人気が高まってきています。
 

暑さ対策としては、瓦の下に敷く遮熱シートが非常に効果的です。

例えば、宇宙空間での遮熱のために開発された素材・技術を活用したシートを使うと、屋根から室内へと伝わる放射熱のほとんどをカットしてくれます。

 

◆村木建築工房ショールーム兼事務所「ギャラリエ」

《住所》浜松市東区豊西町444

《電話番号》053-431-3480

《営業時間》9:00-18:00

ページトップへ戻る