村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

梅雨は「板倉造り」の魅力がわかりやすい季節です ~浜松市の新築注文住宅 村木建築工房~

2018/06/21家づくりノウハウ

昨夜から今朝にかけて激しい雨に見舞われた静岡県西部。

今週末からまた雨になるかもしれないそうです。

家の中の空気もなんだかジメッとしてスッキリしない日が続きますね。

 

梅雨は「板倉造り」の魅力がわかりやすい季節です

あまりよいことがないような気がする雨の季節ですが、伝統工法「板倉造り」の実力を知るには、最適な時期かもしれません。

というのも、「板倉造り」は梅雨のイヤ~なジメジメを吸い取ってくれる「調湿性」に優れているからです。

 

調湿性が高いのは、なぜ?

それは、「板倉造り」にはたくさんの木が使われているから。

家の中の湿気を吸ってくれるのは、木です。

その木を一般木造住宅の3倍も使って建てられているのが、「板倉造り」の家です。

当然、普通の木造住宅と比べて、室内や外壁の内側で発生する湿気をたっぷりと吸収できるというわけです。

 

モワッとせず、涼しいくらい

例えば、村木建築工房の「板倉造り」モデルハウスには、普段は無人で、ご予約をいただいたときだけオープンする家もあります。

この家では、なにか特別な湿気対策をしているわけではありません。

それにもかかわらず、雨の日にモデルハウスの中に入っても、「もわっ」とした感じがしません。それどころか、入った瞬間に涼しさを覚えるくらいです。

これも、「板倉造り」にふんだんに使われた木が持つ調湿性のおかげです。

 

 

☆健康な住まい

https://muraki-k.jp/kodawari/health.php

 

 

ページトップへ戻る