村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

断熱性が低い家のヒートショック対策~浜松の注文住宅 村木建築工房

2017/02/02村木建築工房とは

断熱性が低く寒い家では、ヒートショックをどのように予防すればよいのでしょうか。

 

村木建築工房がご提案する高断熱・高気密の家のように、暖房を少し使うだけで暖かくなり、家中をムラなく快適な室温に維持できれば、ヒートショックの危険性を軽減できます。

ヒートショックは、急激な温度変化による血圧変動などが原因で起こるからです。

 

 

では、断熱性・気密性が高くない家では、どうすればよいのでしょうか。ヒートショックを防ぐ方法はないのでしょうか。

 

予防の方法はあります。断熱リフォームなどの大掛かりな対策になかなか踏み切れないご家庭でも、簡単にできる対策があります。

ヒートショック対策は、家の中の温度差を小さくするのが基本です。そのため、脱衣場や浴室を電気ヒーターなどによって暖めるとともに、お風呂の温度を熱くしすぎないようにすべきです。

お風呂に入る前に、湯船から上がる湯気や、シャワーのお湯で浴室を暖めておくのも効果的です。昔から行われていることですが、湯船に入る前のかけ湯は、身体への負担を減らしてくれます。

 

 

トイレは電気ヒーターなどを使い、寒くなりすぎないように注意。便座を温め、“ひんやり”を防ぐことも大切です。

 

断熱性・気密性が低く、脱衣所やトイレが寒い家でも、ちょっとした工夫で暮らしの安全性を高められます。ぜひ、実践してみてください。

 

◆村木建築工房「ゼロエネルギーハウス」

http://www.muraki-k.jp/index/lineup/zero.html

 

◆村木建築工房ショールーム兼事務所「ギャラリエ」

《住所》浜松市東区豊西町444

《電話番号》053-431-3480

《営業時間》9:00-18:00

 

 

ページトップへ戻る