村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

暑さが中まで伝わらない ~浜松市の村木建築工房

2018/07/26村木建築工房の家づくり

 

暑さが中まで伝わらない。

 

台風12号の影響で、今週末は猛暑が少し落ち着くようです。

それでも気温30℃超の毎日は身体にこたえますね。

 

そんな暑い外気の影響が家の中に伝わりにくく、

室内を心地よい涼しさに保ってくれるのが、

村木建築工房の「板倉造り」の家です。

 

木だから、ひんやり

板倉造り」は、熱を伝えにくい性質を持つ「木」

たっぷりと使った伝統の工法です。

30mmの厚さの木で家全体を覆っているため、家の外は高温でも、

エアコンを少し使うだけで室内はひんやり。

ムシムシする夏の湿気を木が吸い取ってくれる調湿性も備えています。

このような「板倉造り」は、高温多湿な日本の気候で、

穀物の長期保存に適しているため、正倉院などにも使われています。

 

 

伝統に最新技術をプラス

村木建築工房がご提案する「板倉造り」の家の魅力は、伝統だけではありません。

受け継がれてきた技に、最新のテクノロジーをプラス

高性能の断熱材や、Low-Eペアガラスを採用し、

徹底した施工管理によって高気密・高断熱を実現しています。

室内の涼しさ・暖かさをムダにしにくい熱交換型の換気システムや、

太陽光発電システムなども取り入れ、省エネ住宅に仕上げています。

 

高断熱で夏も冬も快適。

伝統+テクノロジーが可能にしたハイスペック住宅の住心地は、

村木建築工房のモデルハウスやショールーム、

不定期で開催している完成見学会で体感していただけます。

 

【板倉造り】https://muraki-k.jp/lineup/itakura.php

【完成見学会】2018年7月28日(土)~29日(日)板倉の家 完成見学会

https://muraki-k.jp/event/detail/17

ページトップへ戻る