村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

【今注目の二世帯住宅】平屋+2階建ての住まい vol.4

2018/12/13家づくりノウハウ 施工事例

当社の二世帯住宅の施工事例をご紹介するシリーズの第4弾は、浜松市東区のT様邸/S様邸のご紹介です。

 

端正なデザインの”和モダン“な佇まい。この家の特徴は、1階をメインとした中2階建ての平屋風二世帯住宅であることです。

当社の標準仕様の長期優良住宅に加えて、建物の構造や内装材には最近注目の天竜産の「SFC認証材」を使用しています。さらに、「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」の認定を取得し、両方の補助金を利用して賢く家が建てられました。

しかも、太陽光発電による創電で家庭内の消費電力をまかない、家計にやさしい高性能な住まいを実現しました。

普段の暮らしはワンフロアで行えるように部屋を配置。中2階には予備の部屋と収納のみを配置し、生活フロアをすっきりさせるように配慮しました。

 

杉板張りの勾配天井が開放的なLDKは、お母様と娘さんが寛ぐ共有スペース。床には、優美な木目が特徴のサクラ材を使用しています。壁には珪藻土を用いたことで、空気がクリーンで調湿性にすぐれ、人も建物もすこやかな空間になりました。

 

自転車が趣味の娘さんのために玄関アプローチにスロープを設け、外から直接出入りできる自転車用ガレージを設置。スロープ以外にも、トイレの手すりやバリアフリーの床など、ご高齢のお母様を思いやった設備ももちろん万全です。

LDKの掃出し窓の先にはデッキがあり、洗濯物が雨で濡れないように庇も深く出してあります。「細かい所まで気を遣ってくれて、『村木建築工房』さんにお願いして本当によかったです」と、お母様が嬉しそうに語ってくれました。

 

今回のお宅のように、敷地に余裕がある場合や、成人した家族だけが住まう場合、あるいは少人数で住まう場合は、二世帯住宅でも平屋建てがおすすめです。階段の上り下りが無く、ワンフロアで暮らせるので、将来、年をとった時のことを考えても安全で便利です。

 

■HPの二世帯住宅・施工事例もご覧ください!

https://muraki-k.jp/works/detail/05

ページトップへ戻る