村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

【LDKの施工事例ご紹介】板倉の壁が温かな平屋のLDK

2019/01/24施工事例 村木建築工房の家づくり 板倉造りの家

当社のLDK施工事例をご紹介するシリーズ第2弾は、磐田市富士見台の板倉の家のLDKです。

ご新居は、ご夫婦とお子さま、そしてお母さまの4人が暮らす二世帯住宅の平屋建て。当社の完成現場見学会にご来場いただいた際に気に入って下さったのがきっかけで、板倉造りを採用しました。もちろん当社の標準仕様である長期優良住宅です。

延床約40坪の平屋の間取りは、玄関のみを共有する独立型。玄関を境に親世帯と子世帯のスペースを左右に区分けし、ほどよい距離感を実現しました。

二世帯住宅のLDKは世帯別に設ける場合もありますが、LDKを共有して広々とスペースを確保するケースも多くあります。

このお宅では、お母さまのスペースにミニキッチン付きのコンパクトなLDKを設け、子世帯のスペースに広々としたLDKを確保したことで、二世帯の団らんのひとときも、プライベートなひとときも気分に合わせて自由に楽しめるようになりました。

子世帯のLDKは勾配天井が開放的で、板倉造りの壁や杉板張りの天井に囲まれたぬくもり豊かな木の空間が広がります。

対面キッチンからはリビングダイニングが見渡せて、家族と会話をしながら料理の支度や片付けが可能です。ダイニングには子どものスタディコーナーとしても使えるキッチンカウンターを設けました。

しかも、24時間熱交換型換気システムと床下エアコンで年中快適&空気がクリーン。各室の温度差がないため、ヒートショックの心配もありません。

さらに、太陽光発電も導入し、省エネも実現!板倉造りによる高気密・高断熱・高耐震の構造との相乗効果により、各世帯がルームエアコン1台で快適に過ごせる家を実現しました。

■他のLDKの施工事例もご覧ください!

ページトップへ戻る