メニューを開く

村木建築工房村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

家族が使う電気を太陽光で発電!~浜松の木造新築注文住宅 村木建築工房~

2015/07/28家づくりノウハウ

原油安の影響で、7月の電気料金は値下がりしました。それでも、まだまだ電気代が高い!と感じませんか?
東日本大震災前に原発への依存度が高かった電力会社では、震災前より電気料金が割高となっています。家庭で消費するエネルギーのコストが、どうなっていくのか。気になるところです。
これからは、家族が使う電気は、家で発電することが当たり前の時代になるかもしれません。というのも、太陽光発電システムの性能がぐんぐん向上し、初期投資コストはどんどん下がっているからです。

初期投資の費用は、1kW当たり40~45万円くらい。村木建築工房では、家族1人当たり1kW程度のシステムをオススメしているので、4人家族なら4kW、初期コストは170~180万円ほどになります。
発電した電気を電力会社に売ることが目的ではなく、あくまで家族が使う電気を賄うためのもの。それでも、10数年で初期投資を回収できるので、おトクです。
意外かもしれませんが、太陽光パネルを設置すると、暑さ対策にもなります。屋根の上に設置された太陽光パネルが太陽の熱を反射してくれるからです。おかげで、室内に伝わる熱が大幅にカットされ、真夏でも快適に過ごせます。

電気代が値上げされても家計への影響が少なく、環境にも優しい。村木建築工房がオススメする太陽光発電システムについて詳しい情報をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る