メニューを開く

村木建築工房村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求

二世帯住宅(三世代同居)の減税メリットとは?~浜松の木造新築注文住宅 村木建築工房~

2016/08/11家づくりノウハウ

親世帯、子世帯が長く安心して暮らせる二世帯住宅・リフォームなら、村木建築工房にご相談ください。

 

夏は涼しく、冬は暖かい天竜材のぬくもりが伝わり、わずかな冷暖房エネルギーで快適に暮らせる村木建築工房の「板倉造り」の家は、二世帯住宅(三世代同居住宅)にも最適。すべての家族がいつまでも健康に過ごし、子育てなどで協力でき、光熱費などを節約できる家です。

 

このようにメリットが多い二世帯住宅は、女性や高齢者の活躍にもつながります。そのため、国は二世帯住宅(三世代同居)を補助事業や減税などで推進しています。

 

2016年4月から始まった「三世代同居に対応した住宅リフォームを行う場合の特例措置」(三世代同居対応改修促進税制)は、所得税から控除が受けられる制度です。

対象になるのは、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち少なくとも1つを増設する工事。その改修工事の結果、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち2つ以上が複数箇所になる(例:キッチン×2、玄関×2など)ことが条件です。

 

この制度には、自己資金で改修工事を行う「投資型」と、ローンを利用する「住宅ローン型」があります。

 

「投資型」は、工事費用の10%が所得税から控除されます。対象となる工事費用は250万円が上限で、最大控除額は25万円です。

 

「ローン型」では、改修工事のためのローンの年末残高の2%が5年間、所得税から控除されます。対象工事の限度額は250万円で、最大控除額は5年間でトータル62.5万円です。

 

親と子、そして孫の世代が、いつまでも安心して暮らせるように。村木建築工房は、各家庭のニーズに合った二世帯住宅をご提案。おトクな減税制度などもわかりやすくご案内いたします。
 

省エネで暖かな二世帯住宅

http://www.muraki-k.jp/itakura/works_itakura/202.html?cat=itakura


 

◆村木建築工房ショールーム兼事務所「ギャラリエ」

《住所》浜松市東区豊西町444

《電話番号》053-431-3480

《営業時間》9:00-18:00

ページトップへ戻る