村木建築工房

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求
板倉造り

板倉造り

LINE UP

「板倉造り」は、正倉院や伊勢神宮などに使われている伝統的な工法。
高温多湿な気候や風土の中で、穀物を長期保存するための倉にも用いられました。
村木建築工房の「板倉造り」は現代のテクノロジーも取り入れたハイスペック住宅です。

板倉造りはこうして作られます

フルオーダーで家族にぴったりの住まい

施工事例 板倉造り

板倉造り

天竜材の高性能な家

国が認める最上級の耐震性能

国が認める最上級の耐震性能

村木建築工房では筋交や面材による耐震計算を行い、地震に強い家を作っており、耐震等級3を備えます。また板倉造りは壁の強さが評価され、国土交通省により壁倍率が認定されています。

耐震についてもっと知る

高断熱で夏も冬も快適

高断熱で夏も冬も快適

30mmの厚さの木で家全体を覆うだけでなく、高性能の断熱材やLow-Eペアガラスを採用し「高気密・高断熱」を実現。それぞれの部材が外気の影響を伝えにくく、年中快適な室温を保ちます。

高断熱について知る

優れた通気性で結露防止

優れた通優れた通気性で結露防止気性で結露防止

また一般住宅の木材量の約3倍もの木が室内や外壁の内側で発生する湿度をたっぷりと吸収し、温度や湿度を調整します。湿気を好むカビやダニを防ぎ、お子さまも安心です。

高い防音性で静かな住まい

高い防音性で静かな住まい

木の壁は防音性が高いと同時に、室内の音を吸収して周囲にもらさない効果も。お子様が周囲に気兼ねなくのびのびと遊んだり、音楽演奏を気ままに楽しんだりできる心豊かな空間がかないます。

ページトップへ戻る