SDGsへの取り組み

大工育成

SDGsへの取り組み

-家の造り手を絶やさないために-

代表
村木の想い

大工として40年以上、建築の仕事に携わってきましたが、この大工という仕事はとても面白く、やりがいがあり、これからも必要とされる素晴らしい仕事だと心から想っています。
しかし、職人界隈でも高齢化がどんどんと進み、そこに若い世代で建築業界を志す人が減ってしまっていることも相まって、大工の担い手は減る一方です。
私はこの大工という仕事をいつまでも絶やさずに残していくためにも、まずは若いうちから建築に触れて楽しさを感じてほしいと考えています。また大工を志す若者たちには、私たちが培ってきた技術を惜しみなく伝えていきたいと考えています。
そのために、学校や工務店協会など様々な団体とも手を組みながら、大工職人の育成に尽力しています。

日本を取り巻く、大工不足という深刻な社会問題

日本の少子高齢化における大工の担い手不足は、予想以上に深刻な問題です。
日本全国で2020年時には約30万人弱だった大工職数は、2030年には20万人を割る見込みであり、2060年には高齢者を除けば確実に5万人を切る見込みとなっています。

chart_01 *2022年度 建築大工技能者等検討会 大工の将来に関する国勢調査分析(2020年国勢調査 抽出詳細集計の結果から)より引用 スクロールできます

現在、日本全国で住宅は約6,000万戸もあると言われています。

我々が仕事をしている静岡県西部も同様に、急激な大工減少に追われています。
静岡県西部では、2023年の予測ですでに、大工が1,200名に対して住宅は420,000棟。
1年で1人の大工が350棟のリフォーム工事を抱える計算です。

2035年には、大工1人あたりが600世帯の住宅を対応しない限り、住宅のメンテナンスが追い付かない計算です。

浜松・磐田市の大工就業者状況

chart_01 *一般社団法人静岡木の家ネットワーク調べ

静岡木の家ネットワークに所属する木材業者と関わりのある大工就業者数(現状”職人”として働いている従事者)を調べました。
現状は20代の就業者が極端に少ないことが問題です。専門学校に進む若年者も多く、10代では従事者がほぼいません。とはいえ、専門学校の卒業生で大工になる方も近年では減少しており、今年度に就業する方は数名。転職者を除いて予測してみると、大工の数は無効20年で半減してしまうことになると考えています。
若年層に対する大工育成事業は急務であると言えるでしょう。

新設住宅着工棟数は3060棟
arrow-down.png
2.55棟/人
1年で1人の大工が、2.55棟を新たに施工することになる
住宅数は約420,000棟
arrow-down.png
350棟/人
1年で1人の大工が、350棟の潜在的なリフォーム仕事を抱える

あまりに非現実的な計算ですが、これが現実に起こってしまっています。
こんな状況の中で、ハウスメーカーや工務店やアフターサポートや保証を手厚くつけたところで、作業する職人がいなければ、どう対応するのでしょうか。
その保証内容はどこまで信用できるのでしょうか。
我々工務店の仕事は家守です。目先の家を建てることだけでなく、家を先々まで守っていくことを考えなければなりません。そのためにはいつまでも家を丁寧にメンテナンスしてくれる、腕の良い職人の存在が必要不可欠です。 このような現実に直面している現代だからこそ、少しでも建築の楽しさに触れ大工という仕事を志す、優秀な職人を未来に排出していきたいと願い、私たちは大工育成のため、様々な取り組みを行っています。

村木建築工房の考え方と目指すこと

大工育成についての考え方

  • 人とモノを繋ぐ=モノを作る楽しさを知ってほしい
  • 設計や現場監督においても、基礎技術を取得し、全工程がわかっている人間が望ましい
  • 建築を通じて、地域に愛され、地域の役に立つ人材を育てたい
  • 家づくりに関わる人をもっと育てたい

大工育成で目指すこと

  • 大工人口を増やす
  • 入職者を増やす
  • 離職率を減らす
  • 育成の仕組みを作る
  • 労働環境を正しく整備する
  • 正しい人事評価と給与反映の仕組みを作る

01 新人・若手大工の育成

社内外で新人・若手大工の育成のため、様々な取り組みを行っています。
社内の工場での技術指導はもちろん。
外部の研修会にも足を運び、指導員として知識や技術を伝えています。
大工としての心構え、建築としての知識、道具の使い方、道具の手入れの仕方まで、1人前の大工となるために必要な要素を惜しみなく伝えています。

刻みの技術指導

墨付けの技術指導

道具の手入れの仕方をレクチャー

組立の指導

カンナ掛けの技術指導

座学(大工の心構えや必要な建築知識)

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

2022年 静岡大工育成プロジェクト

静岡大工育成project2022「未来の棟梁」

02 建築関係学校との
連携・技術指導

工業高校の建築家や、建築関係の専門学校など、これから建築業界を志す
学生さんが学んでいる学校に向けて、技術指導員として足を運び、技術や知識を伝えています。
より実務的な作業を体験したい学生さんには、職場体験として数日間実務的な作業体験の受け入れも行っています。

刻みの技術指導

墨付けの技術指導

道具の手入れの仕方をレクチャー

組立の指導

カンナ掛けの技術指導

座学(大工の心構えや必要な建築知識)

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

2022年 浜松工業高校 建築研究部 育成授業

静岡大工育成PROJECT@浜松工業高校建築研究部

03 大工職の普及活動
建築を身近に感じて
もらうために

大工減少による未来と今後のために大工が必要だという世間への啓蒙活動と、合わせて小さなお子様や小中学生の皆さんに、建築を身近に感じてもらい、建築の楽しさに触れてもらうため、様々な体験会やワークショップを開催しています。
地元の小中学校に対しては、毎年職場体験の受け入れを行っています。

組立体験

木工体験

リフォーム体験

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

2023年 中学生大工体験 掲示板リフォーム

メディアにも取り上げられました

ウィンディニュース:さんちょく!

新建ハウジング

その他のSDGsへの取り組み

環境・社会に向けた

4つの取り組み

メルマガ登録

メルマガ登録

写真を見るだけでは、家の性能を謳うだけでは伝えきれない、そんな私たちの家づくりへのこだわりや想い、また暮らしへの考え方をメルマガを通してお伝えしています。
家づくりや住宅会社選びで役立つ情報はもちろん、代表村木がどんな想いでこれまで家づくりを行って来たのか、そんな家づくりへの想いを、メルマガを通じて発信しています。
登録は無料です。HPでは伝えきれない細かなこだわりをぜひお読みください。

メルマガの登録はこちらから